世田谷区内の再建築不可物件の売却

世田谷区内の再建築不可物件の売却
(東京都世田谷区)

売主は高齢ということで、代理人の方から世田谷区内の再建築不可物件を売却できないかというご相談を受けました。駅に近い平坦地、世田谷区無いという条件は絶好のものがあり、普通に需要もあります。しかし建物が老朽化し、増築部分が未登記、車の入らない旗竿地、建築基準法条の道路に接していないなど数々の問題がある物件でもありました。 最初は一般的な相場に合わせて売却活動に入りましたが、問い合わせはあるものの、なかなか内覧まではこぎつかず。 やはり再建築不可物件ということ、そして建物が古いことがネックになっていました。 そこで売却価格を下げ、同時にリフォームプランを提示。リフォームをして、車を持たない家庭であれば世田谷区内に格安で戸建てを持てるという点をアピールしました。 また同時に住宅診断、隣家との境界確定、未登記部分の登記などを行うことにより問題となっていた点をそれぞれ解消。 購入する方にとっての不安をなくしていくことで、再建築不可物件としては高額な価格での売却ができました。 売主の方だけではなく、買主の方の立場に立った売却活動を行うことで、高くううることも十分可能なのです。